中国の反日デモが62都市に拡大したと報じられています。
山東省、広東省、湖南省では、日本企業が焼き討ちを受けているとのこと。
これらの地域は「団派」のリーダーが統治する行政区で、
デモの背後には「団派」VS「上海派」の次期主導権争いが透けて見えます。
さて、7月に亡くなった伯母の香典返しの品が送られてきました。
リンベルのカタログギフトでした。

香典返し礼状も添えられていました。
考えてみれば香典返しのように、お返しする金額もバラバラで、
遠方の方も多いので宅急便などで発送しなければいけないものは、
カタログギフトが便利ですね。
今回届いたのは宅急便ではなくて、JPの「レターパック500」という
ものでした。メール便に似ていますが、手渡しで受領印を押すところが違います。
カタログギフトは一種の金券ですので、メール便ではなく、
このように受領印が必要なタイプの方が安心ですね。
リンベルのカタログギフトはとても大きくて厚くて、
カタログの後半にはグルメも沢山掲載されています。
有名な料亭やレストラン、中華料理店の品も載っていて、
目移りがして選ぶのが大変。
中国のデモでは「親中派」企業が攻撃目標とされているそうです。
パナソニック、イトーヨーカドウ、キャノン、イオンなどです。
親中派の日本企業が意図的に狙われています。

 

かさばらない引き出物
楽天とカタログギフト
ネットショッピングでギフト選び

Leave a Reply